FC2ブログ
 

 観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末スープレックス

 奇跡のような日程。
 翌日は結女さんのライブで、前日はGARNETのライブで。当日だってマチネにX-QUEST。
 全部前払いで、全部先に決まってた。
 その合間を縫うように、東京ネジの双子、佐々木香与子さんと佐々木富貴子さんが斬られ役としてゲスト出演。2分程度の出演時間ですが、当然、観にいってきました。
 もうほんと、双子可愛くってなー。


 子供鉅人【幕末スープレックス】
 @ザムザ阿佐ヶ谷


 子供キョ人は、生演奏ありで、後ろに一列バンドの方々がいてね。
 芝居中よく笑わないなぁと思ってたら、ブラスのかたがメッチャ笑ってた。
 あと場所を異動してちょっと役者さんとやりとりする場面があって。ストリングスの方がノリノリだったなぁ。ギターとベースの方も何かと二人でちょこちょこやってたし。
 面白かったなぁ。そういうやりとりが。
 ギターキッズとしてはやっぱり後ろに生演奏がいるとそっち観ちゃうよね。
 ギターはフライングV。メーカー見ようと思ったけど、書いてなかった。
 ベースもギターもアンプを横にしてそのうえに座ってた。
 何でフツーに置いたらだめなんだろ?って思ったけど、つまみの問題なのかな。うっかり足で触らないように。
 三連符なギターソロ恰好良かったなー。

 本編は、父親の事業の失敗(牛の角で作った張り型販売)による借金にて、長女は武家の家に、次女は吉原に、三女は見世物小屋に、それぞれ売られていったのだけれど。
 七年後、再会することもなく、与えられた場所でどうにかこうにか暮らしていた三人が、それぞれ厄介ごとに巻き込まれるうちに少しずつ引き寄せられてゆく。

 ということで。
 長女は性別を隠して剣士として生きていてね。
 狭い舞台をいっぱいいっぱいまで使って複数人でやっていたちゃんばらも凄かったのだけど、私はその長女が一人で無言で剣の型を練習している姿が、一番好きでした。空気がピリッとしていてね。観ていて緊張した。
 ただそう、長女は全体的にシリアスに描かれていてね。だから、次女の出演シーンは救いだったな。
 次女は身売りをしているうちに病気をうつされて、メクラ寸前。
 まぁラストには完全に両目が見えなくなってしまったんだけど。それでも底抜けに明るくてね。キャラとしては次女が一番好きだったなぁと。
 三女はもう暴走し放題。
 見世物小屋で相撲みたいなことをしていたのだけれども。そこで出会った恋泥棒のラブ様を追っかけて追っかけて何処までもひたすらにっていうなんかもうほんと。ラブ様可哀相(笑)

 タイトルのスープレックスは三女の相撲(プロレス?)技で、バックドロップでした。なんでスープレックスって名前なのかは……忘れちゃった。もうこの記事書いたの、三週間くらい前なので。

 で。斬られスト。双子。の。話。
 誰が何処まで考えてるのか聞き忘れたので分からないけど。長女とその仲間を追いかけている側からの刺客として、香与之助、富貴之助として登場。
 衣装は多分、空想組曲の日替わりゲストの時のだと思う。おそろいの白っぽいワンピース。双子として出演てことで、服装極力合わせたらしい。
 「生まれたときから双子です」ってセリフがあって。当たり前だって突っ込まれてたけど。最後斬られて死ぬ時に「人はひとりで生まれてひとりで死ぬと思うよなよ」って富貴子さんがいってて。ああそのための先のセリフだったんだなと。
 で。そう。最初に二人で声を合わせて登場の挨拶をした時に、香与子さんが噛んでね(よう噛むよね、あの人)。しかも思いっきりやっちまったって顔をしてね(よう噛むのによう顔に出すよねそういえば)。
 うん。私笑い堪えるのに必死で、まぁ、笑いと言うかにやけなんだけど、もう俯いてしまったよ。
 それを二人に気づかれていたよ。申し訳ない。
 その後もずっとにやけっぱなしで二人を観てたもんだから、もう口元手で隠しながらだったよ。どれだけ地団駄踏もうと思ったことか。可愛くてさぁ。バンバン何かを叩きたかったよ。堪えたよ。
 自己紹介終わって、何故か急に「校歌うたいます」って中学校の校歌を二人で歌いだして、みんなポカーンとしてたら香与子さんが凄い形相で「なに見てんだよ、中学校の校歌だよ!」ってキレて。まー、誰かも「ほんとにちょっと怖い」といってたけど、怖かったわ。いや、私からしたら、それも可愛く映ったわけですが。
 で、まぁいざ戦おうぞと思ったら、刀がなくて。どうも途中寄ったお団子やさん(茶屋だよね)に忘れてきたみたいで。長女たちに必死に「お願い斬らないで。丸腰だから」ってお願いしてた。ま、願い虚しくバッサリ斬られたわけだけですが(斬られてなんぼのゲストですから)。
 先に香与子さんが倒れて(何で綺麗な死に顔にしなかったんだろうかなー。結構酷い顔で死んでた)、その上に仰向けに富貴子さんが倒れたんだけど。そこで死んだと思ったら「幽体離脱」とかいって富貴子さんが起き上がって(笑)。まぁそれも、いい終わるかどうかで斬られちゃったんだけどね。
 からの、「人はひとりで~」ってセリフだった。はず。うん。
 可愛かったなー。可愛かったしなんか騒がしかった印象があったわ(笑)。まぁ、あの、微妙な間があいちゃったりもあったんだけどね。
 しかし噛んじゃったのを顔に出すのは役者としてどうなのだろうかなと。私からすれば可愛いからまったく問題ないわけですが。

 可愛いって最強だと思うよね。
 かわいいにしたって種類は色々だとは思うんだけどね。顔とか仕草とか声とか性格とかあれこれ。
 でも一度、可愛い、と認識してしまうともう駄目よね。
 ああそれはどうでもいい話ですね。

 あとは、そう。エンディングダンスみたいなのがあって。斬られた人たちも出てきて出演者みんなで踊るとこで、ゲストも呼ばれて。
 あれは急な話だったのかな。見よう見真似で踊っててそれがなんともまぁ可愛かった。
 よくよく観てると、富貴子さんの方が対応出来てるんだよね。香与子さんの方がボロボロだったわ(笑)

 といった感じで。
 二人のゲスト出演も、短い時間ながら満足だし、本編も笑いとアクション(ちゃんばら)とで、とても楽しめました。よ。


 子供鉅人 http://www.kodomokyojin.com/
 東京ネジ(香与子さんと富貴子さんの劇団)http://www.tokyoneji.com/
 ザムザ阿佐ヶ谷 http://www.laputa-jp.com/zamza/main/
 

Comment

 
 




(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
 Designed by Paroday / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。