FC2ブログ
 

 観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬に舞う蚊

2011.01.10

JACROW #14『冬に舞う蚊』
@サンモールスタジオ

ある男が自殺をする。
その理由はパワハラだと妻は弁護士を連れて会社を訪れる。
しかし、会社側は、男が社内で盗撮をしていてそれがバレたことで自殺をしたのだと言い張り――。

男が自殺に至るまでの、会社での出来事、家庭での出来事。
男が自殺をしてからの、妻と弁護士たち、会社の人たち。
4つの場面が入り乱れてます。でも、混乱はしない。

(忙しい)大人のための演劇なので、上演時間を90分と設定しているJACROWさんですが、今回はそれをオーバーしてました。
相変わらず、イライラする公演です。
空気がねっとりしているんですよね。人間のエゴだとかがそこにあって。
良い人、なんて、多分、いない。「悪い人ではない」という人はいても。物語の中で救いになるような「良い人」はいない。
なので、観ていて本当にイライラします。
でも、クセになるイライラ。なので、この先もやっぱりJACROWさんの公演は観るのだろうと思います。

自殺させるまでのパワハラはいきすぎだとしても、男の方にも原因はあるんですよ。
会社では通常になっている裏取引を見逃せず阻止。そのせいで取引相手の会社は倒産。こうなることを予測できなかったわけではないはずなのに。
正義を振りかざす時、その犠牲になるもののことを少し立ち止まって考えてみる必要があるのかもしれないなと思いました。逆に、考えないのなら、後悔をしてはいけない。自分や自分の家族が犠牲になったとしても。
正義というのは振りかざせば誰かは傷つくのですよ。

また、一方的な被害者に見える奥さん。彼女は、ずるい。
夫の変化にも気づかず。しかし、自殺されてから、自分の一言が駄目押しになっていたことには気づいていたのでしょう。
しかしそれを認めたくはないため、なにがなんでも会社を訴えようとする。原因は会社のパワハラ「のみ」にあるのだと。
それはもしかしたら無自覚なのかもしれない。でも確実にそういった考えは奥さんの心のどこかに、ある。
それが、観ていてなんともいえない複雑な気持ちになりました。

物語は弁護側が証人となってくれる人を味方につけたところで終わります。
本当の戦いは、これから。
会社は上手い具合に真実を捻じ曲げてますからね。
隠されれば、引きずり出せばいいだけなのだけれど、捻じ曲げられると、戻すのは大変。

結末をしっかりと着地させないので、やっぱり結局、イライラしてしまう公演でした。
※イライラは褒め言葉です。
 

Comment

 
 




(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
 Designed by Paroday / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。