観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ネタバレなくざっくりと)散る散る満ちるその4「mug couple2」

 東京ネジのカフェ公演は早めに行った方がいいと思うのだ。
 というのも、役者さんが飲み物を運んできてくれるから。その姿が可愛いんだコレ。
 仕事じゃないからね、ちょっとたどたどしい部分もあり。本編観る前に癒されるよ。

 東京ネジ
【散る散る満ちるその4「mug couple2」】
 @Gallery&Cafe FIND

 まぁこれから楽日まで通うので、初日観た感想をざっくりと。

 始まりがあまりにも自然でね。日常にするりとネジの世界が溶け込んでくる。
 さぁ非日常が始まるぞ!ってのっけからテンション高いのも好きなんだけど、まったりお茶をしている状態だから、こういう入り方がとても心地よい。
 居住まいを正さずにゆるゆるとリラックスして観れるからね。
 まぁコンセプトがそんな感じなので当然っちゃ当然なんだろうけどさ。

 大人なネジと聞いていたのでもっとゆるゆるとした感じを想像していたのだけれど、息を詰めるようなドラマチックな展開もあり。それでちょっと身をカタくして観ていると、富貴子さんがいい感じにリラックス状態へと戻してくれて。またリラックス。
 笑えるポイントも多くて、こらえきれずついクスクス……でもないな結構吹き出したな、しんとしてたのに。まぁ、笑ってしまったよ。
 富貴子さんは癒しだ。役としてもそうじゃなくても。

 それにしても、ホント、居心地いいわ。


 カフェ公演て死角が結構多いから、ネジの空気感が好きっていう人はいいとして、まぁ複数回場所を変えて観た方がいいかなと思うよ。
 なんつって、今回はもう22日(土)16時以外は売り切れちゃってるんだよね……。


 東京ネジ http://www.tokyoneji.com/
 Gallery&Café FIND http://www.find.ecnet.jp/

 チケット予約はこちらからでも(土曜16時しか空いてませんが)
 mug couple2のコリッチページ http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=40898
スポンサーサイト

クリスマス★コンサート vol.17

 ジャンル的に観劇、で、いいのかな?

 スポットライトシアター
【クリスマス★コンサート vol.17】
 @野木エニスホール

 早朝バイトの仲間が出演すると言うので、いってきた。
 隣町なんだけどさ。もう賢が違うから全然情報が入ってこないんだよね。
 野木町では結構有名な団体らしいよ。

 12月の公演はダンスの発表会的なもの。らしい。
 で。翌年5月に本公演。こっちは芝居をダンスメインで表現。なんだって。

 というわけで、今回はダンス。
 ちっちゃいのは幼稚園児から、おおきいのはオバサマまで。みんな女性。
 男役、いるんだけどね。ええ。メッチャ宝塚な男役。
 というか皆さんメイクが宝塚。隈取が目よりもだいぶ大きくて、だからみんな寄り目に見える。
 まぁいいや。

 いやぁ、面白かったよ。
 ちっちゃい子は可愛くてね。でも、緊張してること、ステージ慣れしていると言うか、しっかり決めるところは決める子といたね。もう、後者の子は堂々としたものよ。

 男役の子は、ピンキリ。
 目指してる子はガタイが良いのだけれども、指先まで神経が通ってなくて。体が大きくて目立つだけに、残念。あと、歌もね。ずっこけちゃったね。
 私が気に入ったのは星良ちゃんね。歌も表情や視線までちゃんと作っていて。ダンスもキレが良くて。最後投げキッスをされたときは、ほわあああああ、ってなったわ(笑)
 聴いた話、昔は歌へただったらしいけどね。まぁ、最高音と最低音が不安定ではあったけど。でも力強いビブラートがかかってて、素敵だったよ。歌っている時の表情も。

 私のバイト仲間はオバサマグループ。
 前にダンスは背中で踊るものだっていっていたので、背中に注目。背中のがっつりあいた衣装だったしね(笑)
 いやぁ、キレイだった。恰好良かったよー。40半ばくらいだと思うんだけどね、年齢。背中ピシッとしていて。指先まで神経かよってて。視線も、ね。
 男役と絡むダンスは初めてだったらしく、本当は身を委ねなきゃいけないらしいんだけど。うん。誘惑している感があった。まだちょっとリードしてたね。まぁ男役は高校生だからね。なかなか難しいよね。男役の方が尻込みしちゃうだろうし。
 一応女性4人、男役1人のダンスだったんだけど、バイト仲間と男役さんだけが踊ってるような印象だった。男役が絡んだのもバイト仲間だけだしね。他の人は殆ど椅子に座ってた。で、たまに椅子を使って踊る、みたいな。
 もっと引きでみればフォーメーションも綺麗だったんだろうけど、場所も狭かったし、丁度目の前がバイト仲間の立ち位置だったから。ね。ガン見だよね(笑)

 でも、ほんと、思っていたより本格的でビックリしたよ。
 もー、がんばれよ古河の劇団。と、本気で思ったよ。古河のは仲良しクラブにしか見えない。マジで。

 まぁ、そんな感じでね。とても楽しかった。
 ので。
 5月の本公演、今からバイト仲間にチケット確保をお願いしてしまったよ。



 スポットライトシアター http://www16.ocn.ne.jp/~spot/
 野木エニスホール http://www1.ocn.ne.jp/~eniss/

home again

 冬になると、聴きたくなるのよね…。


 the★tambourines
 【home again】

1. home again
2. ミエナイ明日
3. あわゆき
4. everything is nothing
5. jumping on the running train
6. your hands
7. spirit beat
8. anyway

 冬のコンセプトミニアルバム。シングルはM-4のみ。
 サウンド的にはポップなものが多いんだけど、歌詞に季節感が出てるのよね。人の温もりとか。

 それにしても。なんたってこう松永さんの描く女の子はこんなにも可愛いかね。
 何度聴いても、可愛いなと思ってしまう。歌声のせいもあるのかもしれないけどね。
 ツンデレなのかな。ツンまではいかないか。デレっていうほどデレでもない。やっぱりCool&Cuteかな。
 元々タンバリンズのコンセプトがCool,Pop&Cuteだからね。いや、単語の順番まで覚えてないけど(笑)

 歌詞が好きなのはM-7とM-8。サウンドとしてはM-5かなぁ。
 冬を強く感じるのはM-3。出だしから、雪がしんしんと降って来るイメージが浮かぶ。
 あとポップではあるけどM-8もね。冬っぽいなって思う。これ、アレンジGARNET CROWの古井さんんなんだよね。だから、なのかな。チョットこの曲だけ、雰囲気が違う。好きなんだけどね。
 しかしその雰囲気が違う曲を、アルバムの途中じゃなくラストに持ってくるあたりが、なんか、凄いなって思ったわ。

 まぁ、そんなだから、リピートして聴くには向かない。M-8からM-1には繋がらない。
 でもなんか冬になるとリピートして聴いてしまうのだな。いや、買った年は季節問わず一年中聴いていた気がするけど(笑)

 って。買った年いつだろうって調べたら、発売は9年前(2003年)なんだね。
 うわー。そんな昔なのか……。


the★tambourines公式サイト http://the-tambourines.com/
DISCOGRAPHYで楽曲視聴も出来ますよ http://the-tambourines.com/disco/al03.html
 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。