観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012年06月に読んだ本

もう7月も終わるじゃないかという時期に、6月のまとめ。
先月はPCをつけないようにしていたのだけれど、だからと言って読書時間が確保されていたわけではないです。
読んだ本の冊数は多いけど、うち4冊は絵本なので。ページ数はそれほどでもない。
怪談絵本の原画展が原宿の本屋で開かれていまして。そこで立ち読みをしてきたのですよ。ええ。立ち読み。買ってませんごめんなさい。

---

6月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1128ページ
ナイス数:12ナイス

いるの いないの (怪談えほん3)いるの いないの (怪談えほん3)
流し読み禁止。読み進めるごとにじわりじわりと広がる恐怖。そして最後に…。思わず「わ」と声をあげて本を閉じてしまった。今思い出しても怖い。部屋の隙間や暗がりが気になってしまう。見ないようにと思っても、そこはそれ、やっぱり少年と同じで気になって見てしまう。小さい子供にはトラウマになりそう。見なければないのと同じというのは真理だよなぁ。
読了日:06月13日 著者:京極 夏彦

ちょうつがい きいきい (怪談えほん5)ちょうつがい きいきい (怪談えほん5)
ソレを可愛いと思ってしまったので怖いとは感じなかったな。少年の慌て方とその末路に寧ろ笑ってしまったくらい…。
読了日:06月13日 著者:加門 七海

悪い本 (怪談えほん1)悪い本 (怪談えほん1)
ひとり語り。情景を示す具体的な言葉はないのに絵は抽象画ではなくしっかり描かれていて、不気味な雰囲気を見せている。文章とイメージが上手くマッチするとこんなにも不気味になるのかと絵の力を実感した。
読了日:06月13日 著者:宮部 みゆき

ゆうれいのまち (怪談えほん4)ゆうれいのまち (怪談えほん4)
怪談というより怪奇幻想だと思う。怖くはない。けれど絵の世界観と言葉についつい引き込まれてしまう。何度読み返しても飽きないんじゃないかな。
読了日:06月13日 著者:恒川 光太郎

トンコ (角川ホラー文庫)トンコ (角川ホラー文庫)
表題作トンコはどこがホラーなの?という粗筋。しかし文章は殺伐としつつも物悲しくホラーな雰囲気を持っている。他2編を読むと更に作者の文章力を感じられると思う。あ、淡々としていますがグロいです。
読了日:06月14日 著者:雀野 日名子

TVJ (文春文庫)TVJ (文春文庫)
読みやすかった。というか、止まらなかった。とはいえ面白かったかと聞かれると…うーん…。あり得ない行動などは現実味がなさすぎて逆に気にはならなかったのだけれど、伏線が結構これ見よがしすぎて犯人の狙い等々が早めに分かってしまったのが残念だったかな。あと、アレだけ伝説だなんだと言われていた交渉人の存在が最後はないがしろにというのは…。
読了日:06月19日 著者:五十嵐 貴久

担任 (角川ホラー文庫)担任 (角川ホラー文庫)
読みやすい。怖くはない。最後の最後は見えすぎていて、ああやっぱり、としか思えず。とはいえミステリ部分は面白かったかな。教員同士のやりとりは実際ありそう。冷静に相手を分析し内心ツッコミを入れている直子に思わず吹き出してしまった。
読了日:06月30日 著者:新津 きよみ


2012年6月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
スポンサーサイト

2012.06の観劇まとめ

6月


smokers【ベンチャースクール】

佐々木富貴子さん(東京ネジ)客演。舞台中央に砂場があったのよね。
パンフみたら、富貴子さんが社長秘書って書いてあって、すんげぇビックリしたんだけど、蓋を開けたら駄目っこ秘書でした。
結構笑った。面白かったよ。きょうだい喧嘩って幼い頃と大人になってからと、たぶんそんなに変わらないのかも名と思った。うちもそうだしね(喧嘩っていうのとはまた違うけど)
最後の富貴子さんに泣いたなぁ。あれはずるいわ。富貴子さんがわんわん泣いたらそらぁ泣くわ。ほんまにもう。


DART'S【ベンチャースクール】

岩田裕耳さん(電動夏子安置システム)客演。イカメンのジョニーさんもいたよ。
smokersと同じセット、同じタイトルでの、全く違う話。
関連している箇所が1箇所あるんだけど。両方観るとにやりとしますとか言われたけど、なんていうか、にやりというよりは、ネタバレだよね、完全に。
真面目に砂場で遊ぶ大人たちの姿は面白かったなー。岩田さんがちょいちょい挟んでくる小ネタも面白かった。


直子あんりタイタイ【乙女ごころ三人姉妹】

行こうかどうか気になってたけど、小玉久仁子さん(劇団ホチキス)が日替わりゲストで参加するって聞いたので!急遽行ってきた!
いやぁ、戸惑う小玉さんて新鮮。ていうか、この小玉さんすげー美しかったです。キレーな人だーと思わず見惚れた。
本編は本編で面白かったよー。ハプニングもあってね。それも面白かった。
あと最後がね。泣いた。なんだろう。長女に甘える妹二人の姿が、ほんと、泣けた。長女に対する甘え方が違うんだよね。次女は寄り添って、三女は犬みたいにもたれかかってて。泣いたなぁ。思い出してもあのスリーショット、泣ける。


ホチキスBeauty【看板娘ホライゾン】

元々姉と観に行くのとは別に、小玉さんがアフタートークゲストに出るっていうので、まーたバイト休んでいってきた。
私小玉さん好きねほんと。
本編はちょっと泣いたし、沢山笑った。
丹野さんがすげー良い味出してた。まったりというか、ちょっとずれてるというか。
谷仲さんは電夏とは打って変わってのちょっと頼りない優しい役でね。
強気な斎藤さんも素敵だったー。
そして、パフュームのパクリユニット。あれフルで観たいわー。


ナギプロ・パーティ【女の子のミカタDX】

なしお成さん(電動夏子安置システム)客演。
コント集。新旧織り交ぜてあるので、観たことあるものもあった。
しかしまぁ、なしおさんは安定の面白さだなぁと思うよ。
てか、OPとEDが歌って踊る感じだったんだけど。EDがAKBコスでね。なしおさんがね!笑顔イッパイで歌ったの!激可愛かった…!!


殿様ランチ【正義について】

色々かんがえちゃったなー。そこそこに(笑)
ちょっとズレた会話とか、間とか、好きだなーと思う。
前作のが面白かったけどね。
 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。