観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012年2月に読んだ本まとめ。

アフェリエイとを活用できればいいのですが。面倒で設定していません。
クリックしてAmazonに飛ぶものもありますが、そこで購入しても私には一銭も入ってこないんですよ。
うーん、残念。

2月は後半が観劇ウイークでして。
いつも少し早めに会場についていたので、そこで待ち時間に読書をしていました。電車の中では常に寝てたかな。
なので、後半に読み終わった本が集中してます。

それにしても。出かけるときに読みかけの本を忘れてしまうと、駅や出先のブックオフで本を購入してしまうという自分が残念でなりません。
そこまで活字に飢えているわけではないのに……。

---

2月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1768ページ
ナイス数:13ナイス

時計 (角川ホラー文庫)時計 (角川ホラー文庫)
これで終わり…なの?なんだか後味悪い。あれこれ収拾つかないまま終わってる気が。大人と変わらない動きをして喋る赤子は映像にしたら不気味かも…。
読了日:02月05日 著者:吉村 達也

皐月鬼 (角川ホラー文庫)皐月鬼 (角川ホラー文庫)
シリーズ最終章。幻想的な雰囲気は相変わらずで想像しながら読むのが楽しかった。特に縁と狐妖の箇所は。縁が消えてからの話をあれだけ書くのであれば最後に辿り着いて欲しかったな。あと何年皐月は旅を続けるのだろう。
読了日:02月07日 著者:田辺 青蛙

きのうの世界(上) (講談社文庫)きのうの世界(上) (講談社文庫)
景色や町の空気感のよく伝わってくる。漠然とした不安と言うか、得体の知れない恐怖が読み進めていくうちに色濃くなっていく。章ごとに視点が変わるので、大きな話の筋が見えてこない。下巻でこの点と点がどう繋がっていくのか見もの。
読了日:02月18日 著者:恩田 陸

きのうの世界(下) (講談社文庫)きのうの世界(下) (講談社文庫)
上巻で点でしかなかった話が繋がっていく様は読んでいて面白かった。ただ後半からは相変わらずのファンタジー…。とはいえ、恩田陸作品にしては謎が解明されている方なんじゃないかな。勘違いや憶測がなんでもないことにも不安を見させるのだろうなぁと思った。
読了日:02月19日 著者:恩田 陸

木曜組曲 (徳間文庫)木曜組曲 (徳間文庫)
再読。言葉遣いにそんなに差はないけれどその内容や思考に5人の個性がはっきりと表れている。各人から観たそれぞれの真実。すれ違いや思い込みの巧みさは流石。女性特有のころころ変わる話題やその場の雰囲気も肌に感じるほどに伝わってくる。恩田陸の中ではかなりしっかりラストが書かれているので、読後もすっきり。
読了日:02月25日 著者:恩田 陸

大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)
さくっと読めるミステリ短編集。とはいえノリが凄く軽いので本格ミステリを期待してるとがっくりしてしまうかも。過去の小林泰三作品に出てきたキャラクタが何人か出ているので、ファンにとってはそれだけで嬉しい一冊。
読了日:02月27日 著者:小林 泰三

2012年2月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
スポンサーサイト

2012.02の観劇まとめ

2月

4日
【BAR HOPPER AGAIN】
バーでの朗読芝居。佐々木香与子さん(東京ネジ)が演出ってことで。
うん。今まで演出家で好き嫌いってなかったんだけど(演出が好き嫌いはあったんだけど、中の人まで気にしてない)、なんかね、去年観た東京ネジの2公演とも演出が凄く恰好良くて好きで。だから、こう、今までは追いかけてるのは役者だけだったんだけど、演出家さんで追いかけたいなって。思ったのよね。いや、勿論役者としてもだけど。
で。朗読に演出っているのかしら?と思って。行ってみたら、演出って必要なのねと。動きとかあったしね。役者さんが座ってるテーブルにもアレコレ物が置いてあって。ただ読むだけじゃないんだなって。(その前に観た朗読公演は一列に並んだ椅子に座って読むだけだったからね。照明も変わりなく動きもなく)
内容的には、んー、全くもって感情移入できなかったけど(だって都合よすぎなんだもの)、でも朗読していない側の動きだなんだとか、それはそれで面白かったよ。
そういえば、香与子さんと話したのはこれが最初だったなー。鮫バッグを見た途端「わかった!」と言われた(富貴子さんから話が行っていたらしい)。そしてアルコールを頼む私に驚いていた。んー。残念ながらもう充分飲める年齢なのでござる。

11日
大森そして古林【更地6】
僕らのなしお成さん(電動夏子安置システム)の客演ってことで!
しかし更地5がつまらなかったので、正直行こうかどうか迷っていたのよね。でも観にいって良かったっ。面白かったっ。これからも行こうと思いなおしたよっ。
しかし段々なしおさんが支える側になってきてしまったので、こう、なしおさんメインでのコントって言うのが、ね、減ってきて。ファンとしては若干淋しゅうございます。

12日
カムヰヤッセン【バックギャモン・プレイヤード】
小玉久仁子さん(ホチキス)の客演てことで観にいってきた。
小玉さんが最後まで悪役だったのよ!珍しくない?だってホチキスでは最終的にいい人になるじゃない。ねぇ?しかも衣装が黒。二の腕は勿論出す、みたいな(笑)
出オチじゃないけど、こう、やっぱ登場は強烈だよね。
ラストのほう、結構感動したなー。村長がね。号泣までは行かなかったけど、ホロリときたよ。

23日~28日
電動夏子安置システム【君には頭がさがる】
僕らの電夏!結局10ステ中9ステ観に行ったけれども!めっちゃ面白かったっ!
ミステリとしては反則な部分があった気はするけどね(キャストにない人が犯人とか)。
田口さん、いいなぁとは思ってたけど、これでほんまに田口さんの魅力にやられたなー。村人視点で見たときの奥さんの不気味さとか、後半祭りにはしゃぐ姿とか。ラストもラスト、黒川に頭を下げさせた一言とか。素敵だったわ。
そうそう、最初あまり好きじゃなかったせっちゃんが、回を重ねていくごとに好きになって言ったのよね、そういえば。段々可愛く見えてきちゃってさ。いじらしいっていうか。
そして全体的に声のトーンが高めだったなしおさんが激可愛かった。。。


2月は観た公演の数としては少ないけど、回数はものっそい言ってるんだよね。電夏のせいで(笑)
電夏ほんとに面白かった。もっと観ててもいいと思うくらい。ハプニングもそこそこあったしね。
途中、ヨウとヤスが菓子を食ってるんだけど、かりんとうともちとふがしは私の差し入れです。
3ステ目あたりで食べるものが変わってて。こりゃあ在庫がなくなったんだなって。思った私は勿論そういう理由でお菓子を差し入れたわけです。個別包装されてないお菓子を選んで。
ねー。ここらへんがちょっとあれな電夏ファンだよね(笑)
 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。