観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012年1月に読んだ本

去年4月から、読書メーターというものを始めまして。

読みたい本、読んでいる本、読了本、積読本をチェックしておけるというSNSなのかな?うん。
と言っても、途中で面倒になって読んだ本をチェックするのをやめていたわけですが。
今年から、また再会しました。
ここで身近な感想を書いておけば、ブログに載せるのも楽かなってね。

前月の読了本のデータをまとめてもらえるんですよ。ただ、1ヶ月間限定なので。消える前に、ブログに張っておこうかなと。

もう少し日が伸びればバイトの休憩時間にも読書が出来るのですが、今は5時だともう暗くなってしまっているので。車の中で本は読めず。バスタイムにちょこちょこ読む感じです。
観劇の移動中は寝てしまっているのでね。本は余り読めません(笑)

***

1月の読書メーター

***

読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1599ページ
ナイス数:3ナイス

探偵映画 (講談社文庫)探偵映画 (講談社文庫)
映画好きならもっと楽しめただろうなぁと思うくらい映画に対する蘊蓄が入ってる。でもサクサク読めたし、最後にはしっかり騙されました。少しズルい気はしましたが…。
読了日:01月03日 著者:我孫子 武丸


呪怨  白い老女 (角川ホラー文庫)呪怨 白い老女 (角川ホラー文庫)
映画→ノベライズの順で読んだので、映画では暗に示されていたり見逃したりしていてよく分からなかった話の流れや心情が小説で補完出来た感じ。カヤコとの繋がりは一家惨殺の舞台がカヤコの家で呪いが伝染、タイトルの「白い老女」は同時公開の「呪怨 黒い少女」と対比させたものかと。ただどうして呪いの連鎖により関わった相手を殺しにくるのがカヤコではなく老婆だったのかは最後まで分からなかったなぁ。でも映画の出来に比べたらノベライズの方がしっかり描かれていたかな。
読了日:01月14日 著者:大石 圭


奴隷契約 (幻冬舎アウトロー文庫)奴隷契約 (幻冬舎アウトロー文庫)
普段の主人公が優男なせいか余りサディスティックな感じはしなかった。亡き妻や母への思いを描いていた前半の方が面白かったかな。後半はプレイ自体がマンネリというか何というか。女からの視点があったからまだよかったけれど、ずっと男の視点のままだったら飽きたと思う。
読了日:01月15日 著者:大石圭


エクスワイフ (光文社文庫)エクスワイフ (光文社文庫)
大石圭のエッセンスが詰まった短編集。ということは彼の核は官能小説なのかな?そのわりにはバリエーションに欠けるような…。まぁこれが大石圭の文章が持つ雰囲気ではあるのだけれど。
読了日:01月30日 著者:大石 圭


不連続の世界不連続の世界
ミステリー?ホラー?分類に悩む連作短編。不思議な出来事に何故か遭遇してしまう多聞。一見関係ないと思われる事柄が事件解決の糸口になる。その流れは見事。また風景描写がしっかりしていて画が浮かびやすいので、一冊の中で四季を堪能できる。
読了日:01月31日 著者:恩田 陸


2012年1月の読書メーターまとめ詳細

読書メーター
スポンサーサイト

2012.01の観劇まとめ

粗筋とか書かないよ!ざっくりとした感想だけだよ!
今更だからね。ただのまとめだからね。


1月

7日
ミュージカル【ラ・カージュ・オ・フォール】
竹田さんからチケットもらいました。いやはや、面白かった。
ミュージカルもう全然平気です私。誰か誘って!連れてって!

21日
世田谷シルク【渡り鳥の信号待ち】
岩田裕耳さん(電動夏子安置システム)が客演していたからというよりも、佐々木なふみさん(東京ネジ)が客演したから観に行ったんだけど。岩田さんが恐ろしく爽やかでビックリした。
そして演出がこの上なくかっこよかったー。岩田さんがいうにはスタイリッシュというらしい。

24日
プロペラ犬【ネガヒーロー】
今回は水野美紀が脚本っていうことでかなりの不安があったけど、まぁまぁ面白かったんではなかろうかと。
完全にコントだったけどね。突拍子なかったし(笑)
まぁでも殺陣があったからね。やっぱ恰好いいやね。水野のアクションもっと見たいわー。

28日
殿様ランチ【シーザー真田】
過去にやった公演の数年後的な話らしい。
アフタートークゲストにゆずのちっさいオッサンが来ていて、それ目当てで来たらしい客が何人かいて、劇中静かだったのにアフタートークになった途端五月蝿くなってなんかもうげんなり。
でもまぁ、内容面白かったからいいんだけどね。板垣さんが自由すぎてなんかもうね。なんだろうね、あの人のあっさりした感じ。好きだわー。

28日
Power Project クーデター【ONE DAY】
再演シリーズラストを飾るのはDenzyと手呂内康介さんの共演!なんかこれで最後の共演になるかもしれないっていう。嗚呼。
再演とはいえ中身は結構変わってた。てかこの再演シリーズは総て梅本麻由さんを押し売りするためのものだったのかなって気はしなくもない。彼女のためにエピソードやキャラクタが増えてたからね。
しかしさりーさんは可愛いな。十年位前のに観たときと変わらぬよ。
あーもー、マジこの話は泣ける。ていうか、PPCは泣ける。

29日
乱雑天国【乱雑天国のA・B・C】
佐々木富貴子さん(東京ネジ)が出ているということで観にいってきた。2バージョンというか、2作品やっていて、富貴子さんは片方にしか出ていなかったんだけど、関連してるっていうから折角なので両方観たよ。
富貴子さんは過去に見たネジの2作品では無邪気というか、元気というか、子供な感じの役ばかりだったので、悪女っぽい姿にビックリ。
そういえば、富貴子さんと話したの、この日が初めてだったなー。チケットの切はほんとにお世話になりまして。。。

29日
鵺的【カップルズ】
電夏客演常連である菊地未来さんが出ているということで。
8割方エロ。終わってから未来さんに若い子にこんな芝居~とか言われたけど、私そんなに若くないんでばちこいでした。いや、そんなに歓迎でもないけど(笑)
未来さんが結構ベタな金持ちの夫人の姿で。で、あれこれ絡み合った人間関係の蚊帳の外っていうのが、なんかもう、可哀相でなー。

31日
【夏葉亭一門会vol.3】
昼の部、午後の部、両方観てきた。さらにはその夜の本格落語も。
今回は小玉さん出てなかったんだけどねー。でもホチキスのお髭さん(加藤さん)とかいて、面白かったよ。
あ。板子マコトさんが偶然観にきててね。クロムのとかげさん目当てだったらしく、昼の部だけで帰っちゃったけど。
そういえば、第3回にもなると、以前やった演目をやるっていうのんが出てくるのね。たまーになんだから新作やって欲しいなと思ってしまったよ。


年明けそういえば、去年は全然東京ネジの客演を観に行く気がなかったのに今年になって突然行きたくなったんだよね。
そして観にいってしまったのが運のつきか。もうこれ客演は全部チェックしたい感じになってますよ今。
 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。