観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリのアサガオ

 釈由美子が出演するということで観ましたが、どうなんだろうか、このドラマ。
 ※釈ファンなので大分偏った観方をしています。

 モリのアサガオ

 テレビ東京の連続ドラマって観たの初めてかもしれないです。いや、第一話と、釈ちゃんがゲストで出ていた第四話、第五話しかみていないし、多分この先釈ちゃんが出ない限りには観ないと思いますが。

 新人刑務官と死刑囚との心の触れ合いを描いたドラマだそうですが。
 どうにも私には展開が早いように思えます。展開が速いというか、心境が変化するのが早い。
 えっ? これしきのことで何年も見て見ぬ振りをしていたことに立ち向かえるようになっちゃうの? お前らの決意ってこんなもん? っていうね(第五話を観て)。
 どうも、なんか、ね。まぁ、ドラマなので尺も決まっているし仕方ないのだろうとは思いますが。
 そういえば、未だに話の中心になると思われた死刑囚と新人刑務官の触れ合いがありません。あるといえばあるけれど、殆どないと言ってもいい。
 つまりは、後半になってバタバタと急展開が待ちうけているということですね。あっという間にだんまりを決め込んでいた死刑囚も刑務官を信頼して色々話すようになるっていう。
 そんな急展開で心の触れ合いとか、どうなんだろうか。

 釈ちゃんは死刑囚と獄中結婚をした西田夕子という人の役で。
 獄中結婚も、別にそれまで死刑囚と接点があったわけではなく、死刑囚が収容されてから文通をして結婚することになったという。
 結婚の理由は、学生時代家の工場に火をつけたのだけれども、その犯人として挙げられたのたがたまたま工場の近くで煙草をすっていた不良で。夕子が本当のことをいい出せなかったため、犯人扱いされたその不良は自殺をしてしまった。その償いに、放火殺人を犯した死刑囚と獄中結婚をした、ということだそうで。
 それを、夕子は誰にも言わずにいたのだけれども、疑問に思った新人刑務官とその彼女である記者に調べられ、問い詰められて、白状したと。
 だから夕子の旦那は未だに何故夕子が自分と結婚をしたのか、その理由を知りません。世間様も知らない。
 でも、だから、なんで、話した?
 記者が、どうしても知りたいんだ、と言ってきたからって、話す必要は無かったんじゃないかと思います。寧ろ迷惑でしょう。自分が隠していた過去を勝手に掘り返されて。話したからって記事にされるわけでも何かされるわけでもない。だったら今まで通り話さないでいてもよかったんじゃないかと。私は思うわけです。
 まぁ、そこでだんまりを決め込んでしまったらドラマとして成り立たないので仕方ないのですが。
 それにしたって。その手前までだんまりを決め込んでいたのに、ちょっと過去を持ち出されただけであっさりとはこれいかに。
「過去は関係ありません。大体なんなんですか、あなたたち。私の過去を調べまわって。死刑囚と結婚をすることがそんなにいけないことですか? それとも野次馬根性ですか? もうこれ以上、私に付き纏わないで下さい!」
 ってこれくらい言ってもよかった気がするんですよねぇ。うーん。

 で。第四話で初登場した夕子は第四話であっさり獄中結婚の理由を白状し、第五話ではちらっとしか現れず。
 つまりは、第四話の時点で夕子の話は終わったと。話して終わったと。その先は何もないと。
 結局、新人刑務官も記者も、知りたかったからそこまで探ったというだけで、別に知ったからどうこうっていうわけじゃなかったんですよね。酷い話だ。
 とはいえ、夕子の方でも実は誰かに聞いてもらいたかったというのもあったのかもしれませんが。
 その後のフォローが何も無いと言うのは、どうなんでしょうね。

 まぁ、ドラマだから、尺があるから、言っても結局メインじゃなく通過点(新人刑務官が成長するため)としての話だから、ということで無理矢理納得させましたが。
 当初、良い役だなと思ったのですが、どうもその後半のあっさり白状して、次の話から「良い人」に成り下がるあたりが、なんか、ね。残念でした。

 しかし前半の、何か裏がありそうな表情なんかは凄くよかったなぁと思いました。前半だけ見てればほんと、良い役だったわ……。

 モリのアサガオ公式HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/moriasa/
 釈由美子公式HP:http://www.tommys.co.jp/profile/s_yumiko.htm
スポンサーサイト

昨日最終回でした。

 所ジョージ、好きなんですよ。いつから好きかって聴かれると、もうほんと、幼い頃から。
 小学校で理科の教材に所さんの目がテンという科学番組を使って貰ったくらいですから(丁度授業でとりあげていたものを番組でやっていて、録画していた私は先生に交渉して学校で流してもらったと言う)。これ、私が先生として、の話ではないですよ。教師ではないので。生徒として、担任に頼み込んだのです。今考えると、凄い……。

 そんな所さんが吹き替えをやっているドラマ『アルフ』の再放送が、昨日で最終回を迎えました。
 もともと、10年以上前にNHKで放送していたものだったのですが。去年から再放送が始まり。昨日。ついに。終わってしまった……。
 とはいえ、DVD-BOXになって発売される(サードシーズンまでは既に発売されている)ので、淋しくなんかないですけどね!
 というか、人気があったのに、今までもDVD化されてなかったんですよ。いや、あったにはあったのですが、アメリカ版なので、吹き替えがないし、規格が違うのでプレイヤーによっては再生されない場合もあるし、という代物で。しかし、ファンからの熱い要望に答え、去年からかな。日本語吹き替えの入った、日本版のDVD-BOXが発売に。

 どんな内容のドラマかというと、アルフという宇宙人と、彼をかくまうことになったタナー家の人々とのハチャメチャな生活ぶりを描いたもので。かなり、笑えます。それと、ちょっと感動もあるかな。
 日本のものではないので、物事に対する考え方がやっぱり違ったりはするのですが、それでも面白い。吹き替えの方は特に日本にあわせたギャグに変えてあるので(日本語字幕でみると全然違うギャグを言ってることもある)、純日本人だといういう人でも楽しめると思います(笑)

 それと、幻の最終回と呼ばれている、ドラマ本編の数年後に作られた話もDVDで発売されます。
 これはテレビ放送されなかったものなので、DVD化するにあたって、新たに吹き替えをしなければならなくて。そのせいか、声優は所さんじゃない人に、という話になっていたのですが……。
 それがなんと、これもファン声が届いたのか、所さんの声でDVD化することになりました!(その代わり、発売が延期になってしまいましたが)
 また、この幻の最終回は、年末にNHK教育でテレビ初放送されるそうなので。気になるかたはチェックを。(でも、この幻の最終回は本編とは違って少しシリアスに作られているそうなので、本編を知らない人には退屈かもしれないです)










 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。