観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

El Diablo

 朗読公演て今年になってからこれで3作目。
 その前は1回しか観たことなかった。はず。
 ていうか、演出家目当てで観に行くのって、香与子さんだけなのだよな。

 ということで。東京ネジの佐々木香与子さんが演出をしている朗読公演。いってきた。

 BARHOPPER vol.2【El Diablo】
 at Dining Ber でんでけ

 ギターの生演奏つきですよ。飲みながら(煙草もオーケィだったらしい)観るっていうね。
 というか、前回、vol.1でも生演奏だったんだけど。私が観に行ったときは見えない位置でギターを弾いていたので、最後に紹介されるまで全然生演奏だって気づかなかったんですよね。
 けど、今回はすぐそこ、見える位置に。
 ギターキッズとしてはやっぱ、手元足元見ちゃいますよね。
 譜面台があって、何が書いてあるのだろうと覗き込んだら、朗読の台本でした。そこに書き込みがしてあって、多分弾く曲やエフェクタが書いてあったんじゃないかな。
 エレアコで、足元はマルチエフェクター(エレアコ用ではなかった気がする)。エフェクタのメモリの名前がBARHOPPERになってた(笑)
 生演奏素敵だったよー。基本はアコギの音色なんだけど、なぞめいていたり朗読者の感情が昂ぶってくると、ループを使ってその場で音を重ねていってさ。しかもピッチシフターとかリングモジュレーターも使ってたから、単純にギターのフレーズだけを重ねた音にはなってなかったんだよね。
 恰好良かったなぁ。
 しかもそれだけ音ふくらませておいて、パタッと止まるとかね。たまんないよね。それがしかも生で演奏されてるっていうのがまたね。
 手元もよく見えたしね。


 て。内容の前に曲の話をしてしまったけれども。

 内容は、4人の男性の視点からひとりの「みつばち」という名の女性を描き出す。という、もの。
 結構エロい。というか、妖艶、か。雰囲気がね。
 ただ「繋がってるところがギッチギチ」とかってベタなBL小説で出てきそうなフレーズには。申し訳ないけど、ちょっと吹き出しそうだった。というか、吹き出してしまった。

 私が行ったのは初日。初回。そのせいかあれこれちょっと不具合が。
 スクリーンに写真が映し出されて、その映像ともリンクさせるっていう狙いもあったんだけど。
 気づいてなかった人多かったんじゃないかな。
 座席の正面に出演者がいて、スクリーンは横の壁だもんね。気づかないヒトは気づかないよね。
 ま、私は前回のBARHOPPER観てたから、ああ映像あるんだなって知ってたので。ねー。ガッツリなふみさんの体を見つめてきたわけですが(写真のモデルが東京ネジの佐々木なふみさんなのでした。綺麗キレイ)
 あと、ギターの音との兼ね合いで、冒頭声が聴こえづらいとかね。
 二日目観に行ったときには直ってたけど。あ。うん。次の日も。行ったの。香与子さんに会いに。
 まぁそれはいいや。

 朗読っていうと椅子に座って読むってイメージなんだろうけど、バーカウンタを行き来したりとか、感情が昂ぶって机を叩いたりとか。なんやかんや動いてました。
 vol.1観たときにも驚いたんだけどね。ただ座って読むだけじゃないんだーって。今回の方がもっと動いてた気がする。
 朗読劇のイメージ変わるよ。

 それにしても。みんなよく噛んでたなぁ。特に初回。
 盛り上がるところで噛まれたりもして。ちょっと、そういうのは、やっぱ萎えるよね。
 朗読だと逆に噛みやすいのかな?文字を追うっていう作業が入るから。どうなんだろうね。分かんないけど。
 二回目はその部分が噛まないのか大丈夫なのかハラハラしちゃってね。そういう雑念がね、やっぱね。出てきちゃうよね。
 そうあと、前日7日に何も見ずに約25分ひとりで太宰の作品を朗読(?)するという公演を見てしまったのでね。そっちはもう噛むことはなくて。ただ詰まるところがひとり1回あったかなー、くらいだったので。どうしても比べてしまって。
 読みながらなのに噛むのか……。というのが。残念だったなー。

 あ。残念といえば、今公演のイメージカクテルが【El Diablo】というものだったんだけど。
 会場になったお店においてなかったのよね。
 vol.1のときはそういうコンセプトがあるのを知らなかったので、イメージされたカクテルを注文しはぐってしまってさ(受付の時におススメしてくれてもよかったのにね!)。後でそれをしってしょんぼりしたことがあったので。
 今回はリベンジ!と思ってたんだけどね。残念。
 バーなんて行かないから、あとでどんなもんかなって飲んでみる機会もないのだなぁ。
 カクテルの色は赤らしいです。で、会場内も、赤。たぶん、それで会場となるバーを選んだんだと思うけど。
 そうそう。開演前は役者さんがホストとして注文とってくれたりドリンクもってきてくれたり。してました。スーツですよ。スーツに眼鏡な方もいて。ええ、ええ。目の保養になったとかなんだとか。
 (まぁでも、ぶっちゃけ私は香与子さんに運んで欲しかったわけですが。……はい、ごめんなさい)


 来年vol.3あるかな?
 次こそはイメージされたカクテルを飲みながら、公演を観たいな。


 BARHOPPER http://stage.corich.jp/troupe_detail.php?troupe_id=6730
 東京ネジ(佐々木香与子さんの劇団) http://www.tokyoneji.com/
スポンサーサイト
 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。