観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカを呼ぶ トークライブ vol.2

 イカを呼ぶ トークライブ vol.2 ~オリオン座流星群見えるといいねSP~
 @新宿ネイキッドロフト

 vol.1はちょっとグダグダしちゃった感があったんだけど、今回はいい意味でのグダグダで。楽しかったよ。

 しかしメンバー紹介は長かったね。45分もかかったもの(笑)
 でも面白かったよ。イカが何か知らない人にも分かったと思う。
 知っていた人にも、良く分かった。
 ええ、ええ。
 まさかイカを呼ぶがブログメインの集団だったなんて……!!
 私はてっきりUst放送がメインなんだと思ってた。
 しかし実は、ブログを読ませるためのUstだったらしい。で。
 ……マジかー。しらんかったっ。ブログおろそかにしてたっ。

 メンバー紹介は過去のブログ対決とか、その結果の罰ゲームとか、スライド+動画を使ってテンポよく分かりやすく説明。
 長かったけど、そんーなに長いって感じなかったよ。テンポがよかったからかな?
 特にゆりかんさんとこころちゃんのブログのやりとりがね。ゆりかんさんから観ての説明が、ホント、面白かったわー。

 次のコーナーはコバジュンさんとこころちゃんのデェト企画。
 ほぼ40歳とほぼ20歳の鎌倉デェト。鎌倉?だよね?多分。
 まぁ酷い。やぁ酷い。
 いや、こころちゃんはそれなりにデェトにしようと思って頑張ってたんだけどね。コバジュンさんがね。ことあるごとにコンドームをスライドでうつしやがりまして。
 こう、デートに対するやる気を出すためにっていう(笑)
 こころちゃんはそのことにイベント当日まで気づかなかったらしくて、ずっと「サイテー」って言ってた。うん。サイテーだと思う。
 しかも、そこまでコンドーム推しだったのに、最後の最後、こころちゃんからデートのお礼に(?)とボケ防止のお守りをプレゼントされ。そのお返しにってコバジュンさんがあげたのが、何よくわからないダサいキーホルダー的な何か。
 ……えっ、コンドームじゃないの?
 つか、そこはコンドームだろ。
 と。イカメンからめっちゃ批難されてたし。私もそう思ったよ。
 だって、そこまでサイテーな企画に仕上げたんだもの。最後までサイテーを貫き通して欲しかったな、っていう。

 そして休憩。

 100キロウォークのDVDが発売されてて欲しかったんだけど、買いはぐりましたよ。
 この休憩時間に買っておけばよかったな。後で買おうと思ったからタイミング逃した。

 で。後半戦はお待ちかね、ブログ罰ゲーム。
 100時間で24曲。ダンスを覚える。
 あ。そう。ブログね。曜日ごとにチームを組んで、面白いブログを書くんだけど。まぁその点数はのぐっさんがつけるんだけどね。あとブログコメントか。
 結果、ジョニーさんと文月さんが最下位。で、罰ゲーム。
 でまさかこの時間内で24曲踊るわけじゃなく。
 開場から休憩時間までに客席アンケートをとって、彼らが覚えた24曲から聴いてみたい3曲を選んで投票。
 その結果、ランキング上位を順番に、時間が許すまで踊る。という。
 ももクロ、AKB、プリキュア、きゃりー、などなど。6、7曲踊ってました。
 プリキュアは今日子さんとこころちゃんが飛びいり参加して、練習してないのにこの二人、結構踊れてた。
 しかも今日子さんちょー楽しそうやった。やっぱり今日子さんは笑顔が一番やねー。
 あと、きゃりーはPV両端のライオンをジョニーさんたちが踊るってことで、急遽ゆりかんさんが真ん中のきゃりーの位置に。
 いやぁ、おいしい。まじ、おいしい。ゆりかんさん。
 メッチャ笑ったもの。あの表情に。
 面白かったわー。
 AKBとかももクロとかも可愛かったよ。こう、ジョニーさんとか文月くんとかの笑顔がさ。妙に可愛く見えてさ。
 うん。そう。可愛く、ね。見えたんだけど、少し視線を落とすと、ぼよんぼよん揺れるお腹が……。
 キモカワイイってこんな感じ、よね、きっとね。っていう。違うか。

 いや、それにしても、面白かったよ。マジで。始終笑いっぱなしだったもの。
 しかもさ、イベントラスト。〆が恋スリ!コナンのパラパラをイカメンで!!
 一緒に言ったフォロワさんも私もGIZAヲタ的な部分があるので、もーテンション上がりまくりだよね。
 BメロどれだけPPPHしようと思ったことか!
 私がー感じていたー\りなちゃん!/棘を君にも同じー\りなちゃん!/
 て何度やろうと思ったことか!
 うん。
 やらなかったけど!


 次の罰ゲームは誰かなー。
 やっぱり、罰ゲームはスライドで結果報告するよりも、生でその場でやる方が盛り上がるね!


 イカを呼ぶ http://ikawoyobu.web.fc2.com/
 ※過去のイベントの写真あり。
 新宿ネイキッドロフト http://www.loft-prj.co.jp/naked/
スポンサーサイト

【演劇】ともだちのそうしき

「石川のことはよく知らない」の感想がまだまだ終わっていませんが。まぁ、それはみっちり後で書くとして。


 2012.4.8

 RONNIE ROCKET Reading
『ともだちのそうしき』


 日替わりキャスト。で。内容もキャストによって違ったの、かな。
 私が観たのは蒻崎今日子さん中山智香子さんの回。

 朗読劇。です。
 友達の葬式にやってきた二人が、互いにその友達との関係を親友といいはる。
 じゃあ親友と呼ぶに値する思い出を話しなさいよってことで、物語は進んでゆく。

 朗読劇なのに、なんか、緩いです。ゆるいというか、ただ読んでいるだけじゃなくて、こう、アドリブがね、ちょいちょい入る。
 台本はiPadで読んでいたのですが、それを置くための譜面台が縮んでしまうというハプニングも、アドリブを交えて物語の中に取り込んでました。
 そいういうとこ、面白いなって。
 思うんだけど。物語の内容だけで言うと、うーん。感動するにも爆笑するにも物足りない感じで。役者さんの力で面白く感じたし声を出して笑えたなっていう、ね。
 ま、好みの問題なんでしょうけど。

 気になったのは。スピーカーから流れてくるナレーション。
 BGMと一緒に同じスピーカーから流すから、聞き取りづらい。のと、ト書きっていうの? 動きの部分を読んでいて(「ここで一端外へ出る」みたいな)、それは、朗読劇として、どうなの?と。
 動きまで台本にあるのなら、それを読まないと情景が伝わらないのであれば、会話劇にしてしまった方がよかったんじゃなかろうかとね。
 こう、テーブルを挟んで二人の役者が向かい合って、その後ろに波紋状にお客さんが座る、みたいな。さ。
 などと、過去に2回ほどしか朗読劇と言うものを観たことのない私は思ってしまいました。というお話でした。


 ちなみに。
 これは第2弾で、第3弾も5月末からあるそうです。
 詳細は下記サイトで。
 RONNIE ROCKET : http://ronnierocket.main.jp/main.html

したごころ、

2011.02.27

エビス駅前バープロデュース公演
『したごころ、』
@エビス駅前バー

バーでの公演です。
舞台はカウンター席と、カウンター。客席はその後ろの席。1ドリンク制。お酒を飲みながらゆっくりと観れます。
いや、内容的にゆっくり観るものではありませんでしたが。

バーテンとして未熟な(バツなバーテン、バッテンなんて呼ばれたり)の元に次々に現れる客たちの恋愛に関するひと悶着。
ホスト遊びだったり、浮気だったり、家庭内暴力(?)だったり。
すべてしっかりと解決します。解決しますが、多分笑みを残せたのは女性側だけですね。男性側は、女性の気持ちの切り替えの早さにちょっと着いていけない、みたいな。置いてけぼり感を味わっていたのではないかなと。

テンポがとても良くて、あっという間の90分でした。
特に、バーテンの梅とお手伝いできている幼馴染の勇のやりとりが好きだったなぁと。

この公演はJACROWの蒻崎今日子さんがバーテン役で出演していると聞いて観に行ったのですが。
なんともまぁ、似合ってました。恰好良かった。のになんかエロかった(笑)
なんでしょうね、滲み出る色気みたいなものが。
空気の読めないバッテン具合もかなりツボでした。

そうそう。公演前のUstで、とあることをすると宣言していまして(というか流れで引くに引けなくなっちゃった感じですが)、なんと当日ちゃんとやってくれたんですよ!しかもかなりアピールして!!
すごいですねー。男気ですねー。
あの瞬間、とても輝いてました(笑)


エビス駅前バーでの公演をみるのはこれで2回目だったのですが、上演時間が短い、舞台が狭いということもあり、かなり凝縮されてるイメージがあります。
ゆっくりお酒を飲んで、は、ちょっと無理かもなぁ。。。

冬に舞う蚊

2011.01.10

JACROW #14『冬に舞う蚊』
@サンモールスタジオ

ある男が自殺をする。
その理由はパワハラだと妻は弁護士を連れて会社を訪れる。
しかし、会社側は、男が社内で盗撮をしていてそれがバレたことで自殺をしたのだと言い張り――。

男が自殺に至るまでの、会社での出来事、家庭での出来事。
男が自殺をしてからの、妻と弁護士たち、会社の人たち。
4つの場面が入り乱れてます。でも、混乱はしない。

(忙しい)大人のための演劇なので、上演時間を90分と設定しているJACROWさんですが、今回はそれをオーバーしてました。
相変わらず、イライラする公演です。
空気がねっとりしているんですよね。人間のエゴだとかがそこにあって。
良い人、なんて、多分、いない。「悪い人ではない」という人はいても。物語の中で救いになるような「良い人」はいない。
なので、観ていて本当にイライラします。
でも、クセになるイライラ。なので、この先もやっぱりJACROWさんの公演は観るのだろうと思います。

自殺させるまでのパワハラはいきすぎだとしても、男の方にも原因はあるんですよ。
会社では通常になっている裏取引を見逃せず阻止。そのせいで取引相手の会社は倒産。こうなることを予測できなかったわけではないはずなのに。
正義を振りかざす時、その犠牲になるもののことを少し立ち止まって考えてみる必要があるのかもしれないなと思いました。逆に、考えないのなら、後悔をしてはいけない。自分や自分の家族が犠牲になったとしても。
正義というのは振りかざせば誰かは傷つくのですよ。

また、一方的な被害者に見える奥さん。彼女は、ずるい。
夫の変化にも気づかず。しかし、自殺されてから、自分の一言が駄目押しになっていたことには気づいていたのでしょう。
しかしそれを認めたくはないため、なにがなんでも会社を訴えようとする。原因は会社のパワハラ「のみ」にあるのだと。
それはもしかしたら無自覚なのかもしれない。でも確実にそういった考えは奥さんの心のどこかに、ある。
それが、観ていてなんともいえない複雑な気持ちになりました。

物語は弁護側が証人となってくれる人を味方につけたところで終わります。
本当の戦いは、これから。
会社は上手い具合に真実を捻じ曲げてますからね。
隠されれば、引きずり出せばいいだけなのだけれど、捻じ曲げられると、戻すのは大変。

結末をしっかりと着地させないので、やっぱり結局、イライラしてしまう公演でした。
※イライラは褒め言葉です。
 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。