観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドロシーの帰還

2011.02.27

空想組曲
vol.8『ドロシーの帰還』
@赤坂RED THEATER

オズの魔法使いがモチーフ。
オズの魔法使いのパロ(かなりダーク)を連載しているドロシーと言う作家。幼い頃に彼女の作品に影響を受けた男女4人は、漫画家や作家などそれぞれに夢を描き、それに向かって努力をしている。
だが、それは、もしかしたら、見せ掛けだったのかもしれない。

とまぁ、そこそこ上手く行っていた関係が少しずつ歪んでいくわけです。
その歪みかたが絶望的。
でも最後は涙が止まりませんでした。
希望はほんのちょっとだけなんだけれどもね。そのほんのちょっとが、物凄く、泣ける。

律儀に友情を、交わした約束を守り続けるがゆえに誤解をされる。それでも、約束を頑なに守り続ける。弁解はせず。
その友情に、目を背けていたはずなのに、背ける方が楽だと分かっているのに、それでも、友情と夢とを捨てきれず、それていた道を強引に修正する。
女性二人のやりとりに、涙が、つい、ね。

あまり人前で泣くのは好きじゃないですが、どうしても、涙を止められませんでした。
公演後役者さんと話したとき物凄い鼻声で恥ずかしかったよ(笑)

今回(というかもうずっとだけれど)客演としてホチキスの小玉久仁子さんが出ていまして。
まぁ大好きな女優さんのひとりなのですが。
普段彼女は男勝りな女性の役が多く、彼氏が居るなんて役も少ないんじゃないかなと思われるのですが。
今回は、もう、男に足元に絡みつかれたりなんだりで。かなりおいしい役でした。羨ましい。絡みつくほうも、絡みつかれるほうも(笑)
小玉さんはホチキスではよく「怪演」と言われるのですが(まぁ、動きの切れが半端無いので)、今回の役もほんまに素敵でした。
まぁ本人とても可愛い人ですからねー。
また次回、空想組曲に出演することがあるならば。怪演と言われる役ではなく、普段の舞台では観れない、女性らしい小玉さんが観れる役だったらいいな、なんて思ったりしています。
もちろん、カッコイイ役も大好きなんですけれどもね!まぁ、空想組曲くらいは、という感じで(笑)
スポンサーサイト
 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。