観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLUE DISTINY ~act ZERO~

teamWORLD【BLUE DISTINY ~act ZERO~】
@恵比寿エコー劇場

電夏Performenでお馴染みの武田真由美さんが悪役を演じるというので行ってみた。

ファンタジーでしたね。
異世界の3つの国が資源を巡って争うんだけど。その要が日本から召還した子なんだけどね。
なんか前半世界設定を説明するのに時間を使っていたせいか、後半感情の動きが急だった気がする。
時間の配分って大事よね。それだったらもっと思いっきり「説明」って感じのシーンを作ってしまっても良かったと思うよ。

セットとか照明とか衣装とかはとても綺麗だったのよね。
セットが白かったから、国によって照明が変わると、それがセットにも反映されていたし。
衣装もきらびやかでね。ちょっと細かい部分が雑だったのもあったけど(明らかに軍手と分かるものとかね)。
メイクも奴隷である証の刺青が、恰好良かった。あれはメイク落とすの勿体無くなってしまうよね。などと。
しかし、まぁ、えと。肝心の演技の方がちょっと……。
うまい人がなんか変に浮いちゃってる感じになってたんだよね。
人選の時点で粒をそろえるべきだったのか、うまい人が合わせなきゃいけなかったのか。は、分からないけど。
まぁでも、お偉いさん方だったから、彼らの登場で場の空気が変わったんだな、と思えば。浮いた感じも受け入れられなくも……。うーん。

いやはやそれにしても!
武田さん、美しかったー。
悪役なので、Sですよ。S。常に高みから相手を見下して。
白いドレスで凛としていてね。
体のラインが出る衣装だったから細腕とか細腰とか、スカートも結構生地が薄いから、開いた足のラインが良く見えていてなんかもう、なんかもう!
……エロかった。
アクションもあったよ。駆け回るようなものではなかったけど。あくまで、優雅に。余裕のある動きで。
いかつい国王様の腹を素手で突き刺したからね。
魔力のようなものも使えたのに、まさか素手とは……!
しかも最後、引っ張った割には思ったより呆気なくやられてしまったな、と思ったら。
瀕死の状態で這い蹲って登場!!
しかも私最前中央で観てたんだけど、そこから出てきたの!頬をひくつかせて。所謂ワナワナとした表情で。
いいの?こんな美人がそんな顔していいの?と本気で思ったよ。
目に焼き付けましたよ。多分もう二度と観られない表情だと思ったから(笑)

ということでですね。
武田さんファンにはたまらない公演でしたよ。



teamWORLD【BLUE DISTINY ~act ZERO~】 http://teamworld.syakuhati.com/
スタジオ・エコー http://www.s-echo.co.jp/

武田真由美さんのブログ http://ameblo.jp/mayutakeb-b
9月頃まで遡れば、公演中の写真がちらほら見れます。
スポンサーサイト
 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。