観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布絵

 Wワークが始まってしまい、時間がなかなか取れず。ブログが全然かけなくなってます。別に見てる人もいないと思いますが。

 昨日、父に連れられて布絵と言うものを見てきました。

 皆川末子 布絵の世界展

 布絵と言うのは文字通り、布で書いた絵。パッチワークというか、貼り絵というか。
 日本画の下絵に、色を塗る代わりに布(着物など日本の古いもの)を縫い合わせて色をつけます。凄く細かいものは貼ってあるようですが、殆ど、生地の色に合わせた糸で縫い合わせて在りました。かなり近づかないと、糸は見えません。また、人物の鼻やめなど、線で書いてあるように見える部分は、縫うことで糸を使って線を引いてます。だからほんと、遠くから見たり写真で見たりすると、とても布には見えない。

 私が気に入ったのは昆虫や野菜を描いたもので、布の持つ濃淡が、野菜などの微妙な色合いを上手く表現してました。
 布のどの部分を切り取って使うのかを計算し尽くされてるな、と言う感じでね。
 日本の布って、全面にパターンが施されてるわけではないですからね。着物なら、襟首のあたりには柄はないですし。

 また、真っ黒な犬が描かれていたのですが、その犬も、黒い様々な布を使って皺などを表現してありました。
 パット目にはただの黒い布でも、並べてみるとこれほどまでにいろんな色があるのだな、と。
 多分、知識のある人なら、その布はただの黒じゃなく、微妙な違いを表す黒系の色の名前を挙げられるんだろうなと思うと、もっと色に関する知識が欲しいなぁと思います。


 展示会は来年1月末までやっているそうなので、興味を持たれた方、茨城に住んでいる方は是非。
 入場は無料です。下絵も見れますよ。


 皆川末子布絵の世界HP:http://www.nunoe.com/index.html
スポンサーサイト
 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。