観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボットコンテスト

 昔「ロボットコンテスト」って名前じゃなかったかなと思うのですが。ロボコン。
 大学生の大会や世界大会があるなら、私はこの秋、高専ロボコンに熱中してしまいました。

 もともと、ロボットとかそういう類のものは好きで(ガンダムだとかのアニメは興味ないのですが。現実の蚊科学の力のようなものが好きなのです)。昔はテレビで見かけるたびにちらほら見ていたものです。が。実際にはいつやっているのかなど分からず。ほんと、やってれば見るよ、程度でした。
 が。
 ツイッターでやりとりをしているこの中にロボコニスト(ロボコンに参加している人)がいまして。テレビ放送の日程などを教えていただき、今回はがっつり見ることが出来ました。
 そのこの学校(長野高専)を応援する、という意識が合ったので、試合とか夢中になって観てしまいましたよ。
 やっぱり、応援したいと思うチームがあると関心の度合いが違いますね。

 長野高専Bチームは関東甲信越地区優勝。全国ではベスト16でしたが、特別賞を戴いたそうです。
 Aチームは地区大会2回戦敗退でした。細かい方向転換が出来るあの仕組み、凄く好きだったんですけどね……。

 今回の高専ロボコンの課題は二足歩行。バランスのとり方が大変。速く走るためには強く蹴らないといけないんだけど、それだとロボットが傾いてしまってバランスが取れなくなる。実際、2,3歩走っただけで横転してしまうロボットも沢山いました。
 また、途中から操縦者の乗った台車(動力や操作性の無いただ車輪がついただけのもの)を引っ張ったり押したりしながら走るので、元のロボットは軽すぎても駄目。だからって思いと速度が出なくなってしまうという。
 なかなかね。色んな意味でのバランスが、難しいものでした。
 あ、でも、台車と連結してからの方が安定感のでるロボットが多かったかな。台車が補助輪みたいな役割でね。
 他にもまぁ色々難関はあるのですが、それは高専ロボコン公式HPで。

 ということでね。応援していた長野高専のロボットのPVがyoutubeにUPされているようなので、ここにぺたりと。
 あと、全国大会1回戦の様子もね。地区大会決勝はミスが多かったのですが、全国大会はノーミスだったそうです。それでも負けてしまうのだから、全国はやっぱり厳しい。(ちなみに、地区大会は1分を切れないどころか、制限時間3分つかっても半分も進めないロボットが沢山いました)






 それにしても。17,8歳でこんなロボットが作れるなんて。凄いですよねぇ。
スポンサーサイト
 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。