観劇やらライブやら本やらCDやらの感想を好き勝手に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D51-651

 パラドックス定数は「HIDE AND SEEK」をなしおさんが観にいったってツイッターで言ってて。
 チラシ見てちょっと気になってたから、どうなの?ってツイッターで呟いたら、他の役者さんたちが面白いよ!というので観に行ったのが最初なのよね。
 お目当ての役者さんがこれといっていない状態で観に行った。で、好きになった。
 ツイッターなかったら、どうしようかなーのまま観に行かなかったと思うよ。ほんと。

 というわけで、今回もお目当ての役者さんなしで。
 しいてあげるなら、ホチキスの加藤敦さんかな。


 パラドックス定数
 【D51-651】
 @上野ストアハウス


 下山事件を題材に。機関車を中心に。
 セットは鉄筋を組んだだけのものなんだけど、役者さんの動きで機関車の操縦室(?)なんだなっていうのは、分かった。
 ただ、元の知識がないから細かい部分は想像出来なかったけれどね(笑)。機関車世代はよう思い描けたんじゃないかしら。

 事件自体を私は知らないので、警察がどういう結論を出したのか、分からないんだけど。
 職人気質な人たちが、仲間を思いやってアレコレ動くんだけど。それでも微動だにしない社会っていうのを感じたよ。
 いや、もしかしたら、もう少しで社会を動かす裁判を起こせたかもしれないけどね。
 んでも、それでも世論がちらっと興味を示すくらいだったかもしれないなぁ。

 照明がね、いつも素敵だな、と思うのだけれど。今回は音響にもやられた。
 開場してから開演までの間、何分かごとに蒸気機関車の走る音と汽笛が鳴り響いてたんだけど。それが物語の後半。セリフをかき消すのに使われていて。そのシーンは鳥肌たった。
 ただ、ラストにもそれが使われていて。うーん。2回もはいらなかったかなー。と。車掌さんのセリフをかき消すあの一回がほんとに鳥肌ものだったから。ちょっとラストは萎えた。かな。

 役者さんはみんな男性なんだよね。
 コンセプトとか知らないままに見ていて。ずっと女性はいないんだなぁって思ってはいたんだけど。うん。男性芝居らしい。脚本演出は女性のようだけれども(逆ハーレムじゃないか!)
 恰好いいんさ、誰も彼も。
 なか来年のカレンダーを写真集風に作ってしまったとかで。12月だけ見本でみせてくれてたんだけど。
 今更。買えばよかったかなって。思ったり思わなかったり。
 ……話それたな。
 で。
 男の人だらけだから、色恋沙汰で泥沼より、プライドとか権力とかで関係がこじれてゆくんだよね。人情に厚いのも「仲間」だからという面もあって。
 それがね、なかなか。女性からすると恰好良く映るんだよね。いや、全部が全部じゃないけれども。卑怯なこともするからさ。プライドを守るために。
 でも、やっぱ、恰好いいよなぁ。女性がいないからなのか、描いている時代のせいなのか、キャイキャイすることもなく、全体的な雰囲気も殺伐……まではいかないけど、なんだかねっとり感はないんだよね。熱くはあっても。静かというか、余白があるなって印象。ま、それは暗闇にぼんやりと浮かび上がったような照明のせいかもしれないけどね。


 次回はなんと約1年後。らしい。
 マジかー……。

 パラドックス定数 http://www.pdx-c.com/
 上野ストアハウス http://www.storehouse.ne.jp/ueno/index.html
スポンサーサイト
 

【自己紹介】

 

【成瀬晶】
ナルセアキラ。※not本名
アラサー。フリーター。
シスターズ(妹)とも…。

カゲロウ
オリジナル小説サイト。
角川ケータイサイトに投稿したものやGARNET CROW歌詞小説等。
リンクは出来ればこちらに…。

twitterlog

 

カレンダー

 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

カテゴリ(細分)

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

リンク

 
 

検索フォーム

 

 

Since.2010.11.01

 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。